高齢者の公的サービス
 
   老人介護
  〜家族で協力しあおう!〜

介護保険痴呆症とは公的サービス支援サービス緊急時の応急処置お問合せ

 
    

 高齢者を対象とした公的サービス



自治体ごとに独自のサービスがある!

介護保険では、在宅サービスと施設サービスが用意されていますが、実際の介護ではこれらの
サービスだけでは不十分な場合があります。また、自立と判定された人は介護保険の対象
となりません。このような問題を解消するために、各自治体では独自の判断で高齢者の支援事業に
取り組んでいます。下記に記載致しますので参考にして下さい。

生活管理支援事業

食事の宅配サービス 食事(調理)の用意が困難な高齢者を
対象に自宅まで届けます。
医療機関などへの外出支援 1人で外出するのが難しい高齢者を対象に
ホームヘルパーなどがサポートします。病院のほか
市役所への手続きに出向く際にも利用できます。
寝具の洗濯・乾燥・消毒 体力的に困難な高齢者の自宅に出向きます。
住宅改修の相談・助言 設計家や工事の専門家がバリアフリーのヒントや
アドバイスをします。介護保険を利用した住宅改修
でも利用できます。
訪問理美容 理容師や美容師が高齢者の自宅を訪ね、散髪や
美容をしてくれます。




介護予防・生きがい活動支援事業

認知症予防教室 医師や作業療法士などの協力を得て、認知症を予防
するための医学的な知識や学習をします。また認知症の
進行を防ぐためのレクリエーション活動も紹介されます。
転倒予防教室 転倒を防ぐために下半身の筋肉を鍛える方法や
段差・階段など室内の危険箇所を改善する
ポイントなどを学習します。
炊事・洗濯などの家事訓練 主に男性を対象に、自立した生活をするために
必要な家事の訓練を行います。
食生活改善・運動指導 生活習慣病を防止するための食生活、高齢者の
健康維持の食生活や体力保持のための運動
について学習します。
趣味・生きがい活動支援

公民館、コミュニティーセンターなどを利用して
講師を招いて趣味活動や生きがい活動を支援します。

社会適応が困難な
高齢者への家事指導
心身に重度の障害があるために社会生活が難しい
高齢者を対象とし、社会福祉サービスの活用を
含めた生活や家事の工夫をアドバイスします。




家族介護支援特別事業

家族介護教室 家族を対象に正しい介護の技術や保険衛生の
知識などを習得してもらいます。
介護用品支給事業 紙おむつや尿とりパットなど、在宅で介護をする
のに必要な消耗品の支給や費用の一部を援助します。
現金給付事業 長期の寝たきりの高齢者を抱えている世帯に
介護手当てを支給します。




問い合わせはお住まいの高齢者福祉課へ!

以上が介護保険以外の代表的なサービスですが、これらは各自治体の判断に任せられています。
自治体によってはこれ以外のサービスをしているところもあれば、反対に採用していない場合も
あります。また、サービス適応の規定も自治体によって違いますので、詳しいことは市役所の
高齢者福祉課(高齢者いきがい課)などに問い合わせて下さい。

また社会福祉協議会が窓口となって介護者リフレッシュ事業などが行われています。これは
寝たきりや認知症の高齢者を介護している家庭の人を対象として、日帰りの交流会に招待する
というものです。この間は、家族に代わってヘルパーさんが面倒をみてくれます。心身の
リフレッシュと同時に情報交換が図られるのでとてもおすすめです!

 

pickup

2017/2/17 更新

Copyright 2008 老人介護 All rights reserved.